トップページ > 独身時代の生命保険を見直し

独身時代の生命保険を見直し

"ライフスタイルが変わったのをきっかけに独身時代から加入していた保険の見直しを行いました。
結婚して子供も産まれ、これまでの保険内容では合わなくなったのではないかと思い、加入していた大手保険会社に問い合わせをしてみました。

早速担当の相談員の方が親切に対応してくれました。最初に契約したままもう何年も放置して保険料のみ納めていましたが、改めて確認すると、随分時代に合わない内容だと感じました。
独身で若い頃なら良かったでしょうが、入院保険や医療保険の保障も薄く、また肝心な死亡保障についての保障も万が一の時には不安になるような内容で、これでは家族を持つ今は安心出来ません。

話し合いの結果、この保険を下取りしてもらい新しい保険に契約を行うこととしました。新しく加入した保険はメインの終身保険が200万円、さらに特約死亡保険1000万円の内容で、働き盛りの自分にもしものことがあった場合に家族が困らない金額としました。

医療保険も三大疾病に対する一時金特約も含めて、入院保障1日1万円に引き上げました。そろそろ病気に対する備えも考える年齢ですので、このくらいは必要かと思いました。これまでの保険と比べるとかなり手厚い保障を盛り込んで作成しましたが、前の保険の下取りがあったおかげで、月々の支払額もそれほど変わらずに済んで良かったです。

何より、自分自身で設計したプランですので支払うにしても納得出来るものです。見直しをして本当に良かったと今は思っています。
"