トップページ > 万が一に備えての死亡保障の見直し

万が一に備えての死亡保障の見直し

"保険の見直しが最近、テレビや雑誌でも良く話題になり、気にはなっていましたが、なかなか実行出来ずにいました。

けれど、たまたま久しぶりに会った友人が、ジブラルタ生命の保険相談員をやっていることを聞いて、自分の保険について見てもらうことにしました。やっぱり専門家に聞くのが一番だと思ったからです。

数年前に入った保険ですが、当時はまだ結婚したばかりで生活も苦しく、保険料もあまり支払えなかったので、死亡保障500万円という最低限の保障をつけるのが精一杯でした。けれど、私もパートなどで仕事を見つけて、何とか順調に家計も安定してきたので、見直しをするべきだとは思っていました。

出来れば終身保険で死亡保障2000万円くらいあれば安心ですが、友人の話では終身保険は保険料が高く、老後まで負担がかかってしまうとのこと。働き盛りの年齢の時に備える定期保険にしておけば、保険料も安くて済むし、万が一の時の備えにもなると言われました。

友人に計算してもらった結果、定期保険であれば我が家の家計の予算内で支払えそうだったので、早速夫婦で相談して、すすめられた保険に加入しました。
"