トップページ > 保険は必要なものだけ必要なぶん掛けます。

保険は必要なものだけ必要なぶん掛けます。

"保険はどれくらい掛けたらよいのでしょうか?
お金に余裕のある独身時代、もしくはパラサイトの方ならば、
保険勧誘員のおばちゃんのいうがまま、掛け金をかけても金銭的には問題ないのかもしれません。

しかし、よくよく契約内容を見直してみましょう。

独身で、養う家族もなく、20代で若い。
そんな貴方が死亡保険5000万も必要ですか?

20代で親族にガンで亡くなった人がいないのに、ガン保険を手厚く掛ける理由がありますか?

そういうわけで、自分ならば、若い時はあまり死亡保険の高いものを選びます。

自分は入院、手術を3度体験しておりますので、医療保険はやや手厚くかけます。
具体的には、入院一日目から保険金が支払われるような条件にします。

入院一日あたりの金額は、差額ベット代が出るくらいだと安心ですが、
一般病棟に移ることも考えて、~10000円くらいに設定します。

自分は女性の病気についての特約も掛けたいところでしたが、
残念なことに、すでに女性特有の病気になってしまったので、たぶん入れないでしょう。

将来、家族ができて、扶養家族ができたら、死亡保険金を高く設定します。"