トップページ > 40代になったら最新の医療保険に切り替えよう

40代になったら最新の医療保険に切り替えよう

"47歳女性です。6年前、41歳のときに仕事がかわったのをきっかけに保険を見直しました。
今のように無料で保険の比較検討してくれるショップもありませんでしたので、知り合いから紹介してもらった保険代理店をやっている人に相談して、若いころに知り合いに頼まれて、よく考えもせずに入った保険を見直して、必要のない特約をはずし、新たにがん特約をつけました。ちなみに私は未婚で子供がいないので、死亡保障は必要ないと考え、病気やけがによる医療費に重点をおいて検討しました。また、仕事がかわった時点で収入もアップしたので、もう1つ別の保険会社の医療保険にも加入しました。
今年の春に健康診断で乳がんが見つかり、手術、放射線治療を経てこれから2年間の抗がん剤治療となりましたが、2社のがん特約つき医療保険のおかげで、治療費のほぼ100%をカバーすることができそうです。ただし、6年前に大丈夫と思った当時最新の医療保険でしたが、通院費用は支払いの対象とはなっていませんでした。昨今はあらゆる病気治療で、入院をなるべく短くし、通院によって治療していくスタイルが主流になってきているので、これから医療保険を検討される方は、この点も見逃せないポイントではないかと思います。
40代以降は病気になることを前提として、常に最新の治療に対応できる保険に切り替えながら、しっかり備えていくのが賢い選択ではないでしょうか。一度がんなどの病気になってしまうと、保険の新規加入や加入していた保険の見直し検討にも大幅に制限がかかりますので、健康なときにこそよりよい選択をされておくのがよいかと思います。"