トップページ > 保険の重要性

保険の重要性

" 保険をあらわす言葉で、最も適切なのは「備えあれば憂いなし」だと思っています。

 保険と一言に言ってもいろいろな保険がありますが、私は病気をすることが多いので、国民健康保険にはいつも助けられています。

 国民健康保険とは、つまり医療保険ですが、もしこういったシステムがなかったらと思うとゾッとします。

 国民健康保険は3割負担ですから、仮にそれがなかったとすると、とても一般人では払えないような医療費になってしまい、ちょっとやそっとでは病院に行かなくなると思います。

 私が普段ちょっとしたケガや病気で病院を利用できるのは、保険により金銭の負担がおさえられているからに他なりません。

 他に加入している保険では、アパートの火災保険があります。

 どんなに気をつけていても、火の取り扱いを間違えれば、誰でも火災を起こす危険性があります。

 そんなときに、自分の財産を守ってくれるのは火災保険です。

 保険に入るときには、それなりにまとまったお金を払いますが、保障額を考えればその価値は十分にあると思っています。"